豚さん、ありがとう

現在、化粧品などに使われている動物性プラセンタのほとんどは、ブタプラセンタが使用されています。以前は人間や牛のプラセンタも使用されていましたが、牛は狂牛病や感染症の危険性が指摘されるようになり使われなくなっていきました。人間のプラセンタは人気の高まりとともに高値で取引されるようになり、一部の貧しい国々でプラセンタを提供するための妊娠&中絶といった問題も叫ばれるようになってきたため、禁止されている国が多いです。日本でも禁止されています。
ところで、牛は危なくてブタは安全なの?という疑問が湧いてきませんか?普通の豚から摂取されるブタプラセンタは、しっかりと殺菌処理を施されているので安全です。しかし、殺菌の工程でせっかくの有効成分もダメになってしまう事が多いと言われています。
そこで人気を博しているのが、SPF豚という豚から摂取されたプラセンタです。SPF豚は、特定の病原菌を持たないように厳重に管理して飼育された特別な豚です。SPF豚の胎盤は普通の豚のものよりもずっと安全で、プラセンタの殺菌処理も簡単でよく、より効果の高い商品を作ることが出来るのです。
植物性のプラセンタを使っている商品もありますが、やはり動物由来のプラセンタの方が圧倒的に有効成分が含まれているので、プラセンタ化粧品を選ぶ時の基準にしてみると良いと思いますよ。

注目コンテンツ!!

banner 食べちゃうの!?

記事を見る

banner 豚さん、ありがとう

記事を見る

banner プラセンタ注射

記事を見る

Copyright(c) 生命の力!プラセンタの魅力. All Rights Reserved.